Make your own free website on Tripod.com
TV では分からないホワイトバンド・デー

2005 年 9 月 10 日、「ホワイトバンド・デー」のイベントが、東京タワー近くの芝公園で、有名 DJ を集めて厳かに執り行われた。これは、ν速から急遽派出された特派員が現場で見聞した興味深い映像を、静止画と動画でお送りする生々しい記録である。


会場の近辺で


裏手には、こんなステッカーを貼った車も来ていた


東京タワーの入口に出ていた宣伝ポスター


入口を入ったところの特設宣伝コーナー。売上の使途に関する言及はなし !


同じ場所。手前の大画面 TV で「指パッチン」CM を延々と流していた


持ち込まれた寄せ書き (1)


持ち込まれた寄せ書き (2)

入口近くの木には、帯状の布に書かれた寄せ書きがたくさん巻かれていた。


中国人キター !!! (1)


中国人キター !!! (2)


中国人キター !!! (3)


「平どう 世界を見ざす みんな仲よく」。なんか日本語が妙なんだけど…


受付は、イカリングを所持しているかどうかで分けられているという、ある種のアパルトヘイト状態。
こちらは所持していない不届き者のための 500 円コース。「ホワイトバンド付きで 500 円」だが、「バンドは要らない」といっても 500 円を徴収される。Web サイトに書いてあるのと話が違うじゃないか。あん ?


こちらは忠実な信者のための 300 円コース


入口で配られたもの


パンフレットの 1〜2 ページ目


パンフレットの 3 ページ目


パンフレットの 4〜5 ページ目


パンフレットの 6 ページ目

ちなみに、このパンフレットは下の方に「*」型の穴を空けた、なかなか凝ったつくりになっている。これも printed in China なんだろうか ?


おまけ。「ホワイトバンドは要らない」といったら、これを渡された。意地でも在庫を費消したいらしい


入口で手に押されるスタンプ。再入場時の確認に使うらしいのだが、汗で簡単に消えてしまうという罠。消えちゃった場合、また 500 円を強制徴収 ?


会場内部


このページを公開する前に、TV に映されたせいで祭られていた展示。イラク・北朝鮮・カンボジアもほっとけないそうだ。だんだんと本性を現してきたような…


なぜか「パレスチナビール」の宣伝も。パレスチナ人もほっとけないらしい。ユダヤ人はほっとけということですかそうですか


ドリンクがすべて 500 円で売られている件について


食い物の屋台は、インドネシアなどのエスニック系に加えて中華も。さすが、ちゃんと中国様に義理立てしていらっしゃる


当然、ピースボートも本部に近い一等地にブースを出していた。この左側が Oxfam Japan のブースで、T シャツを \2,500- で売っていた。


会場の寄せ書きに書き込まれた批判の声 (1)


会場の寄せ書きに書き込まれた批判の声 (2)


会場の寄せ書きに書き込まれた批判の声 (3)


会場の寄せ書きに書き込まれた批判の声 (4)


会場の寄せ書きに書き込まれた批判の声 (5)… と思ったら、左上の方に面白い書き込みが。
やっぱり、遠くの貧困より自分のえっちの方が大切か

実は、寄せ書きに批判的なコメントを書き込む 2 ちゃんねらーを、背後から何かいいたそうな顔で見ているスタッフがいたのだった。かと思えば、批判的寄せ書きの写真を撮影している一般参加者も。人生いろいろ、反応もいろいろ。


おまけ動画 (Windows Media 形式)

入口の手前から会場の方を。外まで音楽がドンドコ聞こえてきて、うるさいのなんの (1,484KB)

貧困問題を解消するために踊る人たち (1) (1,108KB)

貧困問題を解消するために踊る人たち (2) (1,100KB)


いや〜、貧困解消を呼びかけるのって、ほんっっっっっとに楽しいですね〜